【乾燥肌】モチ肌になれるブースターオイルの選び方

化粧水をしっかり塗っても時間が経つとカサカサになる。

ブースターを塗ってから化粧水使うと染み込むと知ったものの、

ブースターって導入化粧水からオイルまで色々あって迷っちゃう😱

どれを選んだらいいのか悩んでしまいますよね?

そこで、乾燥肌にはどんなブースターを使えば、

肌が奥まで潤って理想のぷるぷるモチ肌になれるのか、

解説していきますので是非参考にしてください😄✨



乾燥肌に補わなければいけないもの

ブースターにはオイルを使いましょう😄

乾燥肌のスキンケアと考えた時に水分と思いますよね?

でも実は水分だけが足りないんじゃないんですよね、皮脂も足りていないんです。だから油分の補給がキーになってきます!

詳しく説明していくと、

通常、皮脂が肌表面を守ってくれているんですが、皮脂が失われると角質がめくれ、肌の中の水分がどんどん蒸発して行ってしまいます。

さらには外部からの刺激のダメージも受けやすくなるので、痒みが発生したり、湿疹となって荒れてしまったりするんです💦

皮脂って多すぎてもダメだし、少なくてもダメでめちゃくちゃ大事な役割なんですね✨

スキンケアオイル選び

油分の補給が大事とはいえ、スキンケアオイルといえば沢山のオイルがあってどれを選んだらいいのか、わからないですよね?

そこで、人間の皮脂に近い成分のオイルがあるのでご紹介していきます😄

ホホバオイル

ホホバという植物の種から採れるオイルで、皮脂に近い成分「ワックスエステル」が馴染みが良い

「ワックスエステル」というのは蝋(ロウ)で他の植物油脂と比べ、安定性が優れていて、腐敗せず、酸化作用が高い

さらっとした質感で髪、地肌にも良いんですよね😄

アルガンオイル

モロッコの限られた地域でしか育たないアルガンツリーの実から採れるオイルで、皮脂に近い「オレイン酸」リノール酸を豊富に含む

ビタミンEはオリーブオイルの約3倍も含まれていると言われている✨それにより、抗酸化作用が高く劣化しにくいオイル✨

こちらも質感がさらっとしているので、オイルのベタベタが苦手な人も使いやすいです😄

ユズ種子油

日本では馴染みの柚子の種から採れるオイルで、皮脂に近い「オレイン酸」「リノール酸」を豊富に含む

オレイン酸とリノール酸はバリア機能を高める効果がある✨

こちらも質感がさらっとしているので、季節関係なく使いやすいオイルですね😄


今紹介したオイルが全て入ったスキンケアオイルがこちらです😄

ブースターオイルの使い方

洗顔してまだ水分が肌にに残っている状態でオイルを塗ります😄
これは顔についている水分とオイルが乳化してより肌に浸透しやすくなるためです✨

洗顔→オイル→化粧水など、といった順番ですね✨

まとめ

ブースターオイルを使ってぜひモチ肌になりましょう😄💕

合わせて読みたいおすすめ記事✨

Nami

1984年生まれ 大阪府出身・在住。小学生の娘をもつシングルマザー。
結婚・引っ越し・出産などのライフスタイルの変化から働き方に疑問を持ち、
在宅での仕事を模索。その後、離婚と同時期に起業。

現在、物販事業・SNS集客(Instagram)コンサルタント・コンテンツ制作販売・電子書籍出版など。その他、「生涯レベル上げ」をモットーにスキルアップに励む日々を送っている

関連記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。

スポンサードサーチ

おすすめ記事

  1. 【画像あり】美顔器ケノンで顔のシミ取りスキンケア体験談&経過報告♪口コミ評判まとめ

  2. テカテカ!脂性肌(オイリー肌)改善への隠された秘訣

  3. ファンデが埋まる毛穴解消!素肌美人になりたい方へおすすめ基礎化粧品

  4. 【顔シワ解消!】目尻・おでこ・眉間のしわを消す方法

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031