失敗しないための賢い選択!化粧品で顔のシミを取る方法

シミ対策の化粧品っていくつも出ていて迷いますよね、

思い切り奮発して買ってもあまり変化がなかったり…
そんな経験ありませんか?
わたしはそんな経験たくさんあります〜😂


このページでは化粧品でシミを取る方法シェアしていきます!



化粧品でシミを取る方法はあるのか?

毎日のケアでシミがなくなればどんなに良いことかと思いますよね?
実は、シミケア化粧品で医薬部外品、化粧品と様々ありますが、
薬機法のこともありシミ予防の主旨の商品がほとんどです…

そんな中でも私が一番シミに変化があったなと思ったのは

断トツでハイドロキノンです!

断トツ!化粧品でシミに変化が出たハイドロキノン

ハイドロキノンはメラニン色素の合成に関わる酵素の働きを抑えメラニンを作る細胞そのものを減少させることで、シミを漂白します。

注意事項さえ守れば、シミに変化が出て
顔のトーンが明るくなって、コスパも最高の化粧品です✨


濃度やメーカーによって価格は異なりますが、
1000〜2000円くらいで購入できるものがほとんどです💕
シミケア化粧品に1万円とかもう出さなくていいですよ✨

注意事項

・強い成分なのでパーセンテージの低いものから使い始める
・紫外線に当たるとシミを濃くしてしまうためナイトケアのみとなる
・ハイドロキノンを使っている期間は日焼け止めを使用する
・かぶれる場合がある
・強い成分のため1ヶ月、全顔ではなくポイント使いで反応を見る
・長期連用は白斑になる可能性がある


未来のシミ予防!シミケア化粧品

今あるシミを消し去りたいのはもちろんですが、
これから先のシミの芽も摘んでおかなければ意味がありません。

メラノCC
こちらは医薬部外品です✨
価格は1000円もしないくらいでコスパ最高です!

ビタミンC誘導体とかはよく見かけますよね?

こちらはビタミンCそのもの、活性型ビタミンCは壊れやすいから
こういった美容液などの商品に入れることが難しいとされていたんですが、
ロートさん独自の技術でそれを可能にしたんです✨

噂になっているシミを取る化粧品

シミを取る化粧品を探していると必ず目にするのが
「ニベア」「ガッテン塗り」という文字…

ガッテン塗りとは?

「ためしてガッテン」で取り上げられてから話題に。
顔を洗った後に拭かずに保湿クリームを塗るというのがガッテン塗り!

ガッテン塗りをしている89歳のおばあちゃん
VS
40歳の高級コスメを使用している美容マニアの女性

お肌の水分量対決は89歳のおばあちゃんのおばあちゃんに軍配!


やってみた!

効果としては保湿力肌の調子は上がるけれど、
シミが消えることはなかったです💦


それもそのはず、シミに作用する成分は特に入っておらず、保湿が目的のクリームです

重要!シミ予防

シミのケアをしてもしてもなくならない…
そう感じたことはありませんか??

出ているシミに対しての対処をしながら、
やっていかないと良くならないのが、とっても大事なシミ予防!

そのためにはシミの原因を理解して気をつけることが大切です✨

原因1) 紫外線
日焼け止めを塗るようにして防ぐ

原因2) 肌の摩擦
洗顔の時、顔を拭く時、化粧品を塗る時など気をつけること

原因3) ストレス
ストレスを感じたら活性酸素が発生し、抗酸化物質が減ってしまうのでシミに繋がる
ストレスは血流も悪くなりターンオーバーが滞ってシミやくすみの原因になる
適度にストレス発散を♪

以上の3つを気をつけて、将来のシミを予防していきましょう✨



合わせて読んでいただきたい記事です😄

Nami

1984年生まれ 大阪府出身・在住。小学生の娘をもつシングルマザー。
結婚・引っ越し・出産などのライフスタイルの変化から働き方に疑問を持ち、
在宅での仕事を模索。その後、離婚と同時期に起業。

現在、物販事業・SNS集客(Instagram)コンサルタント・コンテンツ制作販売・電子書籍出版など。その他、「生涯レベル上げ」をモットーにスキルアップに励む日々を送っている

関連記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。

スポンサードサーチ

おすすめ記事

  1. 【画像あり】美顔器ケノンで顔のシミ取りスキンケア体験談&経過報告♪口コミ評判まとめ

  2. テカテカ!脂性肌(オイリー肌)改善への隠された秘訣

  3. ファンデが埋まる毛穴解消!素肌美人になりたい方へおすすめ基礎化粧品

  4. 【顔シワ解消!】目尻・おでこ・眉間のしわを消す方法

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031